レジストリ研究一覧(2019年度)

難病疾患の研究課題一覧

日本医療研究開発機構(AMED)の「難治性疾患実用化研究事業」、または、厚生労働省の「難治性疾患政策研究事業」で運営されている研究課題を掲載しております。
掲載されている研究課題一覧表は、日本医療研究開発機構(AMED)が2019年8月及び2020年8月に約300の研究班を対象に実施したWebアンケート調査のもと、各研究班より公開の了承を頂いた研究課題をもとに掲載しております。

日本医療研究開発機構(AMED)の「難治性疾患実用化研究事業」

本事業は、「発病の機構が明らかでない」、「治療方法が確立していない」、「希少な疾病である」、「長期の療養を必要とする」の4要素を満たす難病に対して、病因・病態の解明、画期的な診断・治療法の開発を推進し、全ての難病患者が受ける医療水準の向上を図ることを目的としています。

研究課題名 研究代表者名 研究機関名 レジストリ バイオレポジトリ 検査
進行性骨化性線維異形成症における免疫反応に着目した異所性骨化メカニズム解明 寺島 明日香 国立大学法人 東京大学 - - -
希少難病の高精度診断と病態解明のためのオミックス拠点の構築 松本 直通 横浜市立大学医学研究科遺伝学 - -
筋分化・筋再生誘導能を持ったマイクロRNAを基盤とする筋疾患治療用新規RNA医薬の開発 北條 浩彦 国立精神・神経医療研究センター - - -
希少疾患先天性無歯症治療薬の開発研究―Wntシグナル&BMPシグナルに関連する難治性疾患治療への展開― 高橋 克 京都大学医学研究科 - -
ファロー四徴症の根治治療を可能にする血管パッチの開発 石川 義弘 横浜市立大学 - - -
機械的補助循環に合併する後天性von Willebrand症候群の治療法の開発 松本 雅則 奈良県立医科大学 - - -
先天性および若年性の視覚聴覚二重障害の原因となる難病の診療向上に向けた、疾患横断的な全国多施設レジストリ研究 松永 達雄 国立病院機構東京医療センター
新規AAVベクターによる肝臓をターゲットにした先天代謝異常症の遺伝子治療開発 村松 一洋 自治医科大学 - - -
FGFR3シグナル抑制による軟骨無形成症治療薬の開発 松下 雅樹 名古屋大学 - -
先天性横隔膜ヘルニアにおける最適な人工換気法・手術時期・手術方法に関する研究 奥山 宏臣 大阪大学大学院小児成育外科 - -

厚生労働省の「難治性疾患政策研究事業」

難治性疾患政策研究事業は、難病の診療体制の構築、疫学研究、普及啓発、診断基準、診断ガイドラインの作成、小児成人期移行医療などを推進し、関連研究やデータベースなどとの連携を図っています。

研究課題名 研究代表者名 研究機関名 レジストリ バイオレポジトリ 検査
間脳下垂体機能障害に関する調査研究 有馬 寛 名古屋大学 - - -
ホルモン受容機構異常に関する調査研究 赤水 尚史 和歌山県立医科大学 - -
難治性呼吸器疾患・肺高血圧症に関する調査研究 巽 浩一郎 千葉大学大学院医学研究院呼吸器内科学 -
指定難病患者データベース、小児慢性特定疾病児童等データベースと他の行政データベースとの連携についての研究 野田 龍也 奈良県立医科大学 - -
先天性骨髄不全症の登録システムの構築と診断基準・重症度分類・診断ガイドラインの確立に関する研究 伊藤 悦朗 弘前大学
稀少てんかんに関する調査研究 井上 有史 静岡てんかん・神経医療センター - -
良質なエビデンスに基づく急性脳症の診療に向けた体制整備 水口 雅 東京大学 -
希少難治性筋疾患に関する調査研究 青木 正志 東北大学 - -
先天性および若年性の視覚聴覚二重障害に対する一体的診療体制に関する研究 松永 達雄 国立病院機構東京医療センター
痙攣性発声障害疾患レジストリ開発と運用に関する研究 讃岐 徹治 名古屋市立大学大学院医学研究科 - -