研究形態

研究形態

難病プラットフォームでは、患者レジストリの研究方法や収集する試料・情報によって、以下の「CaseⅠ-A」~「CaseⅡ-C」までの6つの研究形態に分類しております。研究事務局が直接患者から試料・情報を収集する「CaseⅠ」

CaseⅠ-A・・・患者から収集する試料・情報は、臨床情報のみ
CaseⅠ-B・・・患者から収集する試料・情報は、臨床情報と生体試料
CaseⅠ-C・・・患者から収集する試料・情報は、臨床情報と生体試料およびゲノム情報共同研究機関の医師が患者から試料・情報を収集する「CaseⅡ」
CaseⅡ-A・・・患者から収集する試料・情報は、臨床情報のみ
CaseⅡ-B・・・患者から収集する試料・情報は、臨床情報と生体試料
CaseⅡ-C・・・患者から収集する試料・情報は、臨床情報と生体試料およびゲノム情報

CaseⅠ-A 登録の流れは患者から始まり、収集する試料・情報は臨床情報のみ

CaseⅠ-B 登録の流れは患者から始まり、収集する試料・情報は臨床情報と生体試料

CaseⅠ-C 登録の流れは患者から始まり、収集する試料・情報は臨床情報と生体試料およびゲノム情報

CaseⅡ-A 登録の流れは医師から始まり、収集する試料・情報は臨床情報のみ

CaseⅡ-B 登録の流れは医師から始まり、収集する試料・情報は臨床情報と生体試料

CaseⅡ-C 登録の流れは医師から始まり、収集する試料・情報は臨床情報と生体試料およびゲノム情報