HAMならびにHTLV-1陽性難治性疾患に関する国際的な総意形成を踏まえた診療ガイドラインの作成

項目内容
事業名 難治性疾患政策研究事業
課題名 HAMならびにHTLV-1陽性難治性疾患に関する国際的な総意形成を踏まえた診療ガイドラインの作成
研究代表者名 山野 嘉久
研究代表者機関名 聖マリアンナ医科大学大学院先端医療開発学
レジストリ情報
対象疾患 HTLV-1関連脊髄症(HAM)
目標症例数 1000 例
登録済み症例数 545 例
レジストリ名 HAMねっと
レジストリの目的 ・自然歴調査
・患者数や患者分布の把握
・疫学研究
・治験又はその他の介入研究へのリクルート
・治験対照群としての活用
・製造販売後調査への活用
・試料採取
・バイオマーカーの探索
・遺子解析研究
・登録患者への情報提供
・主治医への情報提供
調査項目 【試験担当医師による調査】
1) 被験者背景
氏名、性別、生年月日、郵便番号、住所、連絡先(TEL、FAX、メールアドレス)、治療歴、合併症の有無、登録時の血液・髄液一般検査所見
2) 納の運動障害重症度、10m歩行時間、2分間歩行距離
3) ステロイド、インターフェロン、抗痙縮薬の治療状況
【HAMねっと事務局による調査】
1) 患者背景
氏名(よみがな)、性別、生年月日、郵便番号、住所、連絡先(TEL、FAX、メールアドレス)、本人へ連絡がつかない時の連絡先
2) 生活環境および生活状況
出生情報、民族、最終学歴、職業、収入の有無、公的支援受給状況(指定難病患者の認定状況を含む)、婚姻状況、同居家族、輸血歴、移植歴、もらい乳の経験、合併症、既往歴、妊娠・出産経験、嗜好品、HTLV-1家族歴(第一度、第二度近親者のキャリア・HAM・ATL患者の別)
3) HAMの症状
初発症状とその時期、HAMと診断された時期とその医療機関名、症状が出始めてから診断されるまでに受診した医療機関の数、現在受診している医療機関名および診療科名・主治医名、OMDS、IPEC-1、その他運動障害に関する症状、HAQ、介助の必要性および主な介助者、排尿・排便障害に関する症状、OABSS、N-QOL、ICIQ-SF、I-PSS、HAMおよび歩行状態の患者評価、SF-36、EQ-5D-5L
4) 治療歴
治療の有無およびその内容、その他治験・臨床試験への参加歴を含むHAMに関連する新規治療に関する内容
5) 担当医師からのデータ
治療の有無およびその内容、血液検査結果、髄液検査結果、合併症
担当者連絡先 HAMねっと事務局 
〒216-8512 川崎市宮前区菅生2-16-1聖マリアンナ医科大学 難病治療研究センター内
Tel・Fax:0120-868619
E-mail:info●hamtsp-net.com
レジストリURL http://hamtsp-net.com/
バイオレポジトリ情報
生体試料の種類 血液・髄液
収集サンプル数 210 例
外部バンクへの寄託について 医薬基盤研究所、JSPFAD(HTLV-1感染者コホート共同研究班)
外部からの使用申請可否
外部からの使用申請への対応 運営委員会で協議後、倫理委員会の承認を得て提供。
担当者連絡先 HAMねっと事務局 
〒216-8512 川崎市宮前区菅生2-16-1聖マリアンナ医科大学 難病治療研究センター内
Tel・Fax:0120-868619
E-mail:info●hamtsp-net.com

※メールアドレスが掲載されている場合は、「●」を「@」に置き換えてください。